Entity Framework 6.1 & MySQLでマイグレーションが失敗する

EF6.1.3&MySql.Data.Entity 6.9.6&MySQL Server 5.6でマイグレーションを追加したところ、実行時に

MySql.Data.MySqlClient.MySqlException was unhandled
  HResult=-2147467259
  Message=Table 'myschema.dbo.mydatafield' doesn't exist
  Source=MySql.Data
  ErrorCode=-2147467259
  Number=1146

といったエラーが出る。どうやらマイグレーション用コードに'dbo.'が入っているとダメな処理があるようです。

public partial class ChangeMyClassStructure : DbMigration
{
    public override void Up()
    {
        DropForeignKey("dbo.MyTable", "MyTable2_Id", "dbo.MyTable");
手編集で'dbo.'を削除すると、動作しました。
DropForeignKey("MyTable", "MyTable2_Id", "MyTable");

CreateTableなど作成系は'dbo.'が入っていてもうまくやってくれるようですが、少なくとも以下の削除系・変更系はダメな時がある模様(問題無しの時もあって、よく分からんのです、これが)。MySql.Data.Entityの問題かな?

  • DropForeignKey
  • DropIndex
  • DropColumn
  • RenameTable

ここLink の話だと、EF5からdbo.が付くようになったようで。

[参照]

— posted by mu at 05:01 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

慣れは怖いもので

再放送しているてーきゅうLink 第1期が難なく聞き取れる、というか遅くすら感じる。「あれ、こんな話あったっけ?」というくらい内容忘れてるので、覚えてるからという理由は薄そう。で、最新の第4期は聞き取れない(-_-;)

そうか、某英会話教材もこういう感じなんだなw

— posted by mu at 12:37 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

Excelファイル保存時にxlsm保存を要求される

blog20150427-Excel4FunctionStored

MySQL for Excelアドインをインストールしていると、xlsxファイルを保存時にExcel 4.0 function stored in defined names.とメッセージが出て、xlsm形式で保存を求められることがあるようです。私はアドインをアンインストールしました。

参照

— posted by mu at 06:31 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

復帰

この一週間ほどサーバが停止していた模様。理由はなんてことはない、さくらインターネットへの支払い遅延。

毎年クレジットカードで自動支払いしていたので遅延なんて発生しなかったのですが、

  • カードの有効期限が切れていたのにカード情報を更新してなかった
  • プロバイダを変えたLink 時にメールアドレスも変わったのをさくらに登録してなかったので、通知メールも届かなかった

ので支払期限が過ぎてメールサービスが停止、毎日のように来るダイレクトメールが来ないなと思うまで気付かなかったという…

クレジットカードは便利だけど、期限更新時にあちこちのサイトで変更手続きをしないといけないのが面倒。よく使うアマゾンなどは速攻で情報更新してたのですが、さくらは気づかなかった。

— posted by mu at 11:28 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

バグ?仕様?

C# + EPPlusLink でグラフ付きExcelファイルを生成するということをやってます。出力にはここLink にあるようなデータ数量の変化にも自動で追従する度数分布(Frequency/Histogramとも言う)グラフが含まれています。

が、できたファイルをExcel 2013で開く時は問題ないのに、よく分からないタイミングでグラフ上の線が突如消えたり、「このワークシートの数式に、1つまたは複数の無効な参照が含まれています。」で始まるエラーメッセージが(英語版なのでWe found a problem with one or more formula references in this worksheet)。最初EPPlusで作ったせいかと思ったのですが、一度はExcelで開いたのだから原因はそこじゃないだろうと。

通常はセルの移動や削除で#REFが出てしまったのが原因で、エラーメッセージで検索すれば対処Link がいろいろ見つかるのですが、今回の場合は#REFなどない。

次に調べるところとしては、グラフ。参照範囲(X/Y軸、タイトルなど)に数式で指定していると数式がエラーを出しているので発見が難しくなるらしい。表示の崩れたグラフを右クリック、データ範囲をしらみつぶしに調べたところ、ある名前付き範囲に設定した数式が

開いた直後  =OFFSET('Data'!GC12,2,4,COUNT('Data'!GG14:GG63),1)
エラー後  =OFFSET('Data'!GM24,2,4,COUNT('Data'!GQ26:GQ75),1)

…なぜセルのアドレスが変わってるかな?

エラー後が示しているGM24やGQ26は#NA!で埋まっており、こんなのをFREQUENCY関数の引数に与えたらそりゃエラーだろうな。

セルの指定を$GC$12というように固定形式にするとこのような変化は抑制できるようです。そういえばここLink も固定形式で指定してるな。これって公然の仕様なのでしょうか?

[参考]

— posted by mu at 02:06 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0221 sec.
prev
2017.11
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30