実サーバCentOS4をKVMにお引越し

備忘録。

実サーバー(HP ProLiant ML350 G4)のCentOS4.9をProxmox VEへお引越し。HDDイメージをddでコピーして起動。

ブート時にaacraid.koがNo such deviceとエラー
Proxmox VE 4.1で指定できるSCSI HBAはLSI Logic系でAdaptecは無しなので、当然といえば当然。
  1. CentOS 4.8 DVDをレスキューモードで起動。以下/mnt/sysimageに無事マウントされたと仮定するが、失敗したら手動でマウント。
  2. 念のためinitrd(initrd-2.6.9-101.ELsmp.img)のバックアップを作成
  3. /mnt/sysimage/etc/modprobe.confからAdaptec系ドライバを削除
  4. mkinitrd -v -f /mnt/sysimage/boot/initrd-2.6.9-101.ELsmp.img 2.6.9-101.ELsmp
  5. リブート
ブート時にルートが見つからない(mkrootdev: label / not found)となりKernel panic
  1. grub.confのroot=LABEL=/をroot=/dev/sda3としても同じ
  2. KVM指定でOSドライブをSCSIからSATAに変えても同じ
  3. OSドライブをIDEと指定することで起動するようになる。grub.confはroot=LABEL=/でいいが、/etc/fstabと/boot/grub/devices.mapはsda→hdaに書き換える
Virtio化
IDEで起動に成功していればVM上のCentOS上で変更可能。上のIDE化を飛ばして直接SCSI→Virtio化もできそうだけど、まずはIDE化してVM上で動く設定を手に入れた方が安心できる。
  1. 念のためinitrd(initrd-2.6.9-101.ELsmp.img)のバックアップを作成
  2. mkinitrdをVirtioオプションを付けて実行 mkinitrd --with virtio --with virtio_ring --with virtio_blk --with virtio_net --with virtio_pci -v -f /boot/initrd-2.6.9-101.ELsmp.img 2.6.9-101.ELsmp
  3. /boot/grub/devices.mapのhdaをvdaに変更
  4. /etc/fstabで/dev/hda?形式で指定しているならhda→vdaに変更。UUID=形式なら変更不要。
  5. リブート

[参考]

— posted by mu at 05:16 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

そんな理由で

先日の知人との会話。

知人:ノートPCを(Windows7から)Macに買い替えようと思う。
私 :ふむ、今のマシンにご不満でも?
知人:毎日シャットダウンするの面倒なんだもん。Macなら蓋閉じるだけでいいって聞いたよ。

…世の中の認識ってこんなもんらしい。多分このアドバイスした人はMacしか使ったことないのでしょうけど。こんな理由で買い替え需要があるなんて、すごいわMac(嫌味じゃなくて)。

— posted by mu at 02:50 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

DVDドライブ交換

blog20160104-DVDDrive

実家にあるHP製PC s5230jP、時折DVDドライブの蓋が開かなくなり、前面の穴に針をさして強制的に開くとしばらく問題ないのですが、何かの拍子にまた開かなくなる。自分ならだましだまし使うのですが親には酷なので、安かったLG製GH24NSC0と交換することに。

このPCもデザインのためDVDドライブの前面を外部に晒さず、筐体には別途イジェクトボタンを装備。以前別のPCで筐体のイジェクトボタンを押すと機械的にドライブ前面のイジェクトボタンを押す仕組みだったので同じかと思ってたのですが、このPCはそこまでローテクではないらしく、筐体のイジェクトスイッチには電線が繋がっている。

では筐体スイッチのOn/Offをマザーボードが検出してBIOSがSATAコマンドをDVDドライブに送るのかと思いきや、そこまでハイテクでもないらしい (-_-)

よく見ると古いドライブの背面にはSATAコネクタの他にもう一つ小さいコネクタが。てっきりアナログ音声出力だと思ってたのですが、どうやらこれが筐体のイジェクトボタンと繋がっている。この小さいコネクタを短絡するとイジェクトボタンを押したのと同じ効果になるようで、特殊仕様のドライブか…

しからばとLGドライブの蓋を開け、イジェクトボタンの信号を背面に引き出しPC筐体のイジェクトボタンと繋ぐことで回避。新年最初のネタとしては、あまりスマートな解決じゃなかったな。

— posted by mu at 11:18 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

おサイフケータイその後

おサイフケータイが機能しなくなったLink のその後。

SIM交換
IIJmioにSIM再発行Link を申請。翌日受け付けられたとの返答、その翌日気づいたら通話・通信共に不通になり、交換作業に入ったらしい。最短でも翌日SIMを受け取るまでの24時間前後使用不可能になるのが注意点。交換してNexus7のSuica Readerで試すも改善せず。2000円無駄使い orz
再び失効したSIM
Nexus7でちゃんと読み取れる。目立った違いは失効SIMが赤色に対し、IIJmioはピンク。ただしこれが理由かは不明。
Androidのリセット
どこかでリセットすると回復したとの書き込みが。同じくNexus7で確認するも、改善せず。
改札を通る
IIJmioのSIM入れた状態で、ついいつもの癖で携帯を改札にかざすと…通れてしまった。出る時も問題なし。しかし電車内でNexxus7にかざすとやっぱり読み取りエラー。
携帯交換
中古でSO-04Dを購入。Nexus7も含め今のところすべて問題無し。

SO-04D+ピンクSIMだとNexus7でも読み取れるので、ピンクSIMが持つ本質的な問題ではなく、SH-06E+ピンクSIMの組み合わせで発生するのだろう。後者の組み合わせでも通れる改札があるから、SH-06EのFalicaが中途半端に壊れて読み取り側との相性問題が発生するようになってるのかもしれない。

これ以上調べるのが面倒になったので、SO-04Dで使い続けることにしました。今回はうまくいきましたが中古ってFelicaの動作チェックなんてしてないだろうから、博打なんですけどね。

あ~、通話も通信もバッテリーも問題ないSH-06Eを押し入れにしまうのは忍びない > 貧乏性


— posted by mu at 12:58 pm   commentComment [2]  pingTrackBack [0]

東京モーターショー2015

blog20151103-TokyoMotorShow2015_Closing
上に露光を合わすと下が白く飛ぶ

今日が休日だと知ったのは一昨日という(^_^;) 思いかけず休日になった(なんか部屋の隅に失くした100円見つけた→元は自分のお金みたいですが)ため、東京モーターショー2015に行くことに。

NDロードスターを注文してある中、展示車の中で欲しくなるものがあったらどうしようかと思ってたのですが(なら行くな)、特に心奪われるものもなく一安心。

他の国産車メーカーが技術の説明や今後の方向性のアピールをちりばめている中、今回マツダの展示方法は国産車の中では異様、外国車のそれに近くただ車を飾って車だけを見せている。SKYACTIVがどうのこうのといった展示も見かけず(単に見つけれられなかっただけかも)。西棟3~4なんか国交省の息のかかったエリアで他社ブースは環境技術やITの展示が並んでいるのに、マツダは来場者の写真を撮ってポストカードを作りますってw これが今のマツダのブランド戦略なのか。見せるためのもの(技術 or 金)が無いはずはないと思うけど。

— posted by mu at 11:34 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0210 sec.
prev
2018.7
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31