Visual C#のフォームデザイナでイベントハンドラを指定すると落ちる

Windows7 x64上でVisual C# 2010 Expressを使ってとあるプログラムを開発。開発マシン上では何の問題もなかったのに、実行ファイルをXP x86に持って行くと、ウィンドウを表示することもなくエラーで落ちる。理由は不正なアドレス(0x4)へのアクセス。また対象フレームワークの問題Link かと思ったのですが、今回はフレームワークを変更しても解決しない。

こまめにログを出力させて突き止めたエラー発生箇所はForm1.InitializeComponent…Visual C#が自動コード生成した場所じゃないか。さらにInitializeComponentの内部を探ると、落ちた箇所は最後の方にあるthis.panel1.ResumeLayout(false);という行。デバッガで追ってもResumeLayoutを記述しているコードはなく、.NET Frameworkの中っぽい。

何がおかしいのか見当もつかないので、以下の手順で変更、その都度XP上で落ちるかどうかを確認。

  • Form1.panel1上に配置していたコントロールを別の場所に退避、panel1を削除 → 落ちない
  • panel1をつくり直すが、元にあったコントロールはpanel1上に配置しない → 落ちない
  • 新panel1上に退避していたコントロールを配置 → 落ちない
  • pane1のプロパティでSizeChangedイベントに自前のハンドラを設定 → 落ちた
  • 自前のイベントハンドラを何もしない関数に変更 → 落ちない

この自前ハンドラはpanel1のサイズに合わせて中のコントロールサイズを複雑に変えるものでして、panel1とpanel1上のコントロールのサイズを参照するため、コントロールの初期化が終わる前(=InitializeComponentが完了する前)に呼び出されたなら確かにまずい。しかしWindows7 x64のデバッガ上ではハンドラは呼び出されないんだけどなぁ。

解決策としては、
  • panel1のプロパティでのSizeChangedイベントハンドラの指定をしない
  • Form1_Loadでイベントハンドラを指定する
という方法で、XPでも落ちなくなりました。

[2010/11/6 追記] どうもWindows7とXPでコントロールの表示サイズが異なることが原因みたいです。今回のプログラムはWindows7で開発していたので、

  • XPで実行: panel1にアンカー(メインウィンドウのサイズに合わせて自身のサイズを変更する)が設定されており、panel1.ResumeLayoutでリサイズが発生、ハンドラが呼び出され落ちる
  • 7で実行: 開発時のサイズで表示できるのでリサイズが発生しない

ということは、XPで開発するとVista/7では落ちることになるのかな…


— posted by mu at 12:12 am   commentComment [4]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0179 sec.
prev
2010.11
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30