[ カテゴリー » 日 記 ]

カエレ (・∀・)

午後に呼び鈴が鳴る。通販が届く予定はないのだが、忘れたころに懸賞などの景品が届くことがあるので無視もできない。インターホンに出ると、「今お住まいの住宅の契約についてお話が」

は!? ここ、某大手賃貸管理会社と契約してるんだが、管理会社の人なら絶対最初に社名を名乗る。この時点で警戒レベルが1段階上昇。インターホンじゃなく直接話したいというので玄関に。思えば初手をミスった気がするが、まぁ出ちゃったものはしょうがない。

ドアを開けると以前こんな紙を届けたのだが見てないかという。全く記憶にない。間違って捨てたのではないかとも言うが、数日間放置することはあれ、一応ポストに入ったものはチラ見はする。意外と白のコピー用紙にトナーでプリントされた紙は少数派で目立つ。三つ折りしてあったと言うのでさらに目立つ。

全く記憶にないと答えると、おかしいなという雰囲気を見せながら屋内に入っていいかという。は!? 天気もいいし気温もちょうどいい。外にいるのがつらいとも思えない。二手目もミスったかもしれないが、まぁ入れる。警戒レベルもう1段階上昇。

入ると次は、持ってるノートに書いて説明するからテーブルみたいなものはないかと言う。以前来た電力会社の営業さんなんか、床に置いて書いておられましたが。適当なものがなかったので、失礼とは思いつつ洗車の時に使うバケツ(台座にもなるやつ)を置く。「部屋にテーブルとかはないのでしょうか」こいつ、部屋に入り込む気らしい。あるけど上に物がたくさん置いてあるのでここには持ってこれないと返答。ここの対応はまぁ良かったのではないだろうか。警戒レベル1段階上昇。

家の奥に入れないぞとの意思をバケツで示すと、今度は社に電話をしていいかと言い出す。これから話を始めますと報告しないといけないと言う。そんな営業活動する会社初めて見た。仲間を呼ばれるんじゃないかと思い、同意せず。警戒レベル(略)

洗車バケツにノートを置いたものの、どこに勤めているのだとか年はだとか個人情報を聞いてくる。もうどれだけ警戒レベル上げさせるのよ。で本題はと聞くと、ですから紙を受け取ってないかと言う。そもそもあなたは誰と聞いても名刺一つ出ず、紙は見てないでいいから本題はと聞いても、なんだかんだで紙の話に戻す。どうやら紙の話を想定通りに持って行かないとコンボを開始できないらしい。

一向に本題を言いそうになかったので、あなたのことは信用できない(素性を明かさない・本題を言おうとしない・話を始める前に電話しようとする)から帰って欲しいと切り出す。こういう輩はやんわり話を切ろうとすると人の話くらい最後まで聞けとか言い出すので、詐欺と疑わしいから聞く気はないとはっきり。結果は「人の話を最後まで聞きもしないでなぜ怪しいと決めるんだ、最後まで聞いてくれ」、同じか。

ならば紙は見てないから本題を言えと言うと、また紙の話から始めようとする。だけど先ほどあなたを疑っていると言い放ったおかげで、帰らないなら警察呼ぶぞというカードを切ることができた。すると「あなたの態度はおかしい」「非常識だ」と言ってきた。まっとうな業務をしている会社から来ているなら、お前最低の営業だな。今まで受けてきた強引な勧誘電話で慣れてますけどね。「そうですか、ありがとうございます」と受け流す。

いよいよ電話かける(ふりを)とするかとスマホを取り出しロックを解除したところ、その前に起動していたカメラアプリが動いていたようでフォーカス音がする。「何撮ってんだよ!」と怒鳴りスマホを取り上げようとする相手。本性出したね。ストラップを握っていたのでスマホは取られず。

「これ、私の証言次第じゃ暴行罪容疑だよ」とはったりをかますと、顔には出なかったけど焦ったのかもしれない、しばらくすると彼のスマホが着信。会社と話している体で、私が詐欺呼ばわりして話を聞いてくれないと報告。「ほら、話聞いてくれないから電話かかってきちゃうんですよ」と。知るか、そんなお前の会社の俺ルール。だいたいかかってくるタイミングが良すぎる、自演乙。

もう一度、帰れ、警察呼ぶぞ、二度と来るなと言ってようやくご退場。

こういう勧誘の手法として、相手に少しでも引け目を感じさせることがあるらしい。人間の心理としてそういう引け目や借りを作ると返そうとするので、それを利用して家の中に入り込んだりして自分のペースに持ち込むんだとか。今回の場合、紙・話を聞かない・非常識が向こうの足掛かりなんだろうけど、いまだに紙の話でどうしたらフラグが立ったのか分からない。以前に別の者が届けに来ているはずとしきりに繰り返していたけど、そのために事前に紙をポストに入れるような仕込みをするとは思えない。はじめから渡してない紙を紛失したとこちらの過失にしたかったのだろうか。まぁ入っていたとしても、それを読まなかったことに引け目を感じる私じゃないですけどね。

— posted by mu at 11:00 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

NDロードスターのオーディオユニット交換

去年購入したNDロードスターLink は最安のSタイプだったので、カーオーディオも最低限。納車されたら早いうちに交換するつもりだったのですが、クラウドファウンディングで注文したドライブレコーダーLink が到着してからまとめてやろうとしたら、案の定レコーダーの到着が遅れて1年塩漬けになったという。

ネットで検索すれば先人たちの記録が示すように、交換させる気がさらさらない車体デザインなのでそれなりの工作スキルが必要。車体本体には加工してないので、戻すことは可能です。

購入した物

パイオニア DEH-7100Link オーディオユニット。選定理由は1) 日本語表示ができる 2) ディスプレイパネルが分離できる
ENDY EPP-043ZLink 車側のコネクタから線を引き出すため。オーディオ・電源線だけなら反対側がギボシ端子になったやつの方が便利ですが、ステアリングに付いてるリモコンスイッチからの線を引き出すため、他にいいものが見つかりませんでした。
マツダ C900V6014 ラジオアンテナのコネクタ変換。マツダ純正品なのでディーラーで購入可能かも。
アルミ板 100×300×1.5mm オーディオユニット本体の固定のため。曲げ・切断が大変なら1mm厚でもいいかも。
スチール製L字金具 ホームセンターで購入。
5mm厚スポンジ ホームセンターで購入。クッション目的ですが、気休め(^^;)
オーディオステレオミニプラグ DEH-7100のリモコン接続用。
フラットケーブル 20線 分離するオーディオユニット本体とフロントパネル間の信号線を結ぶため。
MILコネクタ 20ピン 上記フラットケーブルの途中を切り離しできるようにするため。無くてもいいが、作業が面倒になる。
途中の写真は残してなかったので、いきなり取り付け直前の状態。写真はユニット上下がひっくり返されてます(CD挿入口が下側になっている)
  • このページLink を参照に回路基板から線は引き出し済み。
  • アルミ板を50mm-180mm-50mmサイズでコの字に曲げ、側面にねじ穴を開けユニットに取り付け。300mm長の板だと20mm余るので60-180-60に曲げたいところですが、車体に入らなくなるおそれあり。
  • アルミ板の底面にL字金具を取り付け。購入した金具の短辺には4mm径の穴が2個開いているだけだったので、6mmの穴を追加。ステンレス製買わなくて良かった(^_^)
Blog2016_DEH7100a

Blog2016_DEH7100b

ステレオミニプラグをユニット背面のW/Rに差し込み。
ミニプラグ側 EPP-043Z側
L(先端) 15番
R(中央) 接続無し
GND(根本) 16番
Blog2016_DEH7100c

が、いざ車体にユニットを入れようとすると入らない。理由は赤いケーブル分岐パーツと使わない白いコネクタ(写真右側)が大きすぎるため。
Blog2016_DEH7100d

要らない白コネクタを取り去り、分岐パーツの使用をやめてスリム化。これで難なく入るようになりました。
Blog2016_DEH7100e

元のユニットがあった場所にDEH-7100本体を設置。L字金具に開けた6mm穴を使ってM6ボルトで固定。
Blog2016_DEH7100f

動作確認。
  • アクセサリ電源をOnにして起動することを確認。
  • ユニットの操作パネルで全ボタン・ダイヤルが機能することを確認。最初半田の一か所が隣の端子にショートしていたようで、ダイヤルだけが機能しないことを経験したので、全ボタンが動くことを確認しましょう。
  • ラジオ・USBなどの使う予定の音源が鳴ることを確認。
  • システム設定のステアリングリモコン設定を開き、プリセット→マツダを選択。VOL+とVOL-の長押しを求められるので、ハンドルのスイッチを操作する。完了後、音量調整・MUTE・チャンネル切り替えが機能することを確認。
フロントパネルの取り付け後。
  • 元のディスプレイがあった場所にそのまま置くとBANDとDISPボタンが押しにくかったので、3mm厚のアクリル板と1mm厚の両面テープで約4mmのかさ上げ。
  • 丸で囲んだところがMILコネクタ(この場所はエアコンの通風道なので最終的には別の場所においてます)。
  • USBケーブルはDEH-7100付属の物を使用。フロントパネルの裏側(EJECTボタン辺り)にコネクタを張り付け。変速レバー近くにある元のUSBコネクタはお飾りとなりました(コネクタ作るのが面倒だったので…)
Blog2016_DEH7100g

取り外したパネルをすべて戻して完成。
Blog2016_DEH7100h

事前調査と一部の品物は購入してあったのに、実作業&ホームセンター通いでこの前の3連休含めて5日かかりました orz。まぁ内3日は使わなくてもよかった(元のUSBコネクタを有効にしようとした、DEH-7100がマツダのリモコンに対応していると知らず変換回路を作ろうとした、ラジオアンテナの形状が予想外で慌てた)時間ですが。

…この時間と情熱をなぜ大掃除と年賀状に向けられないのか? > 自分

[参考]

[2016/12/29 追記] 特に問題なく動いてますが、やはりプジョーのステアリングリモコンは便利だったなと思う次第。オーディオユニット本体を隠れた場所に設置するためCDプレーヤーは使用できないのですが、ユニット内にあるCDドライブはケーブルを抜いても他の機能は動作するようなので、完全に外してしまっても大丈夫そうです。この空間に他の物も入れたい場合や、1グラムでも削るライトウェイトスポーツを目指す方はどうぞ。

— posted by mu at 05:30 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

こういう後悔はよくあること

ロードスターに乗るようになって時々声をかけられるようになりました。ある時はトラック運転手、ある時はバイクライダー。悪い気はしません。

今日は駐車場で年配の女性から。なんでも昔日産で自動車の搬送に関する仕事をしていたらしく、同社の色々な車を運転したとのこと。最近の車のデザインは「おでぶちゃん」で好きでないのだとか。

で、ロードスターを見てかつて運転した日産車の中で思い出したものがあったようですが名前が出てこない。私からスカイライン、シルビアの名前を出しましたがそんな名前じゃなかったとのこと。思い出せないままその方とは別れました。

「あ、(フェアレディ)Zかも…」と思ったのは帰りの運転中。思い出せなくてごめんなさいです。

— posted by mu at 07:25 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

ぶる~いんぱるす~

blog20160716-BlueImpluse
左下はパシフィコ横浜

という、うる星やつらのネタを思い出す私は結構歳ですが、思えばそんな頃から存在しているブルーインパルス。

7/16にパシフィコ横浜に来るというのを当日聞きつけ、慌てて観に行った次第。心配したほど観客でごった返してもおらず、場所取りで苦労することはなかったです。

前日の関東地方は結構荒れ模様の天候だったため運営のホームページでは直前まで天候を気にしているような記述がありましたが、当日は雨風の心配はないものの曇りで上空はガスっており、司会者すら近くに来るまでどの方向からやってくるのか分からない始末。

せっかく横浜に来たんだから、横浜らしいものと一緒に写った写真を撮りたかったのですが、前述の通り来る方向が分かりにくかったのと、さすがに建造物の近くを飛んではくれなかったので、ここに貼った写真がせいぜい。これも海上を直進中に空域に別の航空機が侵入したということで、演目を中止して旋回中に偶然画画内に入ってくれただけ。演目も直進水平飛行のみで物足りないものでしたが、都市部ではこれでも頑張ったのでしょう。

さて今回のブルーインパルスは日本青年会議所が主催するサマーコンファレンスLink なるイベントのオープニングセレモニーとして呼ばれたもの。パシフィコ横浜を借りるだけでも金がある団体だと推測できるわけですが、その後の開会式も首相のビデオコメントがあったり、トークセッションに閣僚が出席してたりと。あぁそういう団体なのですね。でなきゃ横浜にブルーインパルス呼ぶ許可も取れないか。理事長の醸し出す雰囲気も含め、私の苦手とするパターンです…

— posted by mu at 12:22 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

iDM ステージ4

blog20160509_iDMStage4

NDロードスター購入Link から半年。花粉が積もらなくなったら、黄砂が来なくなったらと言い訳して洗車をさぼっていたのですが、6ヶ月点検がやってきてディーラーで洗ってもらったので、いまだ自分でやったことがないという(-_-;) 次は梅雨を理由にするぞっと

その6ヶ月点検でiDM(インテリジェントドライブマスター)のステージ上限を3から5に引き上げてもらいました。iDMはここ数年のマツダ車に装備されている運転を評価する機能。カラオケの採点機能みたいなもんでしょうか。基本的には「加速度の変化」を評価基準としているようで、安定した加速・減速・コーナリング(スローイン・ファーストアウトとか)をすると青ランプが点いて加点、不安定/急激にすると白ランプで減点対象となり、エンジンを切った時に採点が表示されます。高得点を続けるとステージが上がり、評価が厳しくなります。

で、先日ステージ4に突入したのですが、これは手ごわい。加速や減速による青ランプはステージ3では5秒くらい維持しないと点かなかったのがステージ4では3秒程度になり加点が得やすくなったのですが、白ランプも点き易いw 路駐車を避けるために右→左と振ったら急ハンドルとみなされ、特にブレーキが厳しくなり停車とほぼ同時にサイドブレーキを引くと急ブレーキとみなされたか白ランプ(*1)。ステージ3まではほとんど経験しなかった連続白ランプも少なくなく _| ̄|○

さぁて、ステージ5に到達できるのだろうか?

(*1) サイドブレーキ引くのと並行してフットブレーキ緩める癖が悪いのかもしれない

[2016/5/15 追記] 意外と早くステージ5に到達

[2016/5/23 追記] ステージ5に入ってスコアが4.0を切ることはないにせよ、4.5を超えることは激減。以前からコーナリングは結構白ランプ貰っていて、直線の加速と減速で挽回してたのですが、今は停車でも貰うように。一番困るのはなぜ白が点いたのかわからない場合ですが orz

[2016/5/27 追記] 6速80~90キロくらいでアクセル離して走行すると青ランプになることがあり、なんか得した気分になるw

— posted by mu at 07:06 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0579 sec.
prev
2017.9
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30