Mercurialのリポジトリをrobocopyでバックアップ

失敗談。

Windowsで運用中のMercurialのリポジトリバックアップにrobocopyコマンドを/MOTオプションを付けて実行してました。はい、定期的に変更点を見つけて宛先を最新にし続けるというあのオプションです。そんな運用する奴いねぇよというツッコミはスルーの方向で。

はじめは短期間の運用だったはずなのですが、あれよあれよと数カ月経過。robocopyを終了し複製の方のリポジトリを使おうとすると、コミットが終わらない!?

原因はMercurialが排他制御に使う.hg/store/lockファイル。リポジトリが更新中の時だけ作成されその後消えるのですが、たまたまrobocopyがそれを見つけて宛先にコピー。宛先にはそれが残り続けたため、複製にコミットしようとしたMercurialはlockファイルが消えるのを延々待っていたと。

robocopyには/PURGEオプションを付けましょう。これでも短時間複製リポジトリにlockファイルが存在する可能性はありますが、激減するはず。

— posted by mu at 04:25 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0307 sec.
prev
2022.1
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31