[ カテゴリー » PC関連 ]

できない…?

ディスクレスKVMホストを立ち上げるべく、iSCSIドライブにDebianをインストール・ブート可能にするLink 場合、ブートの初期段階に/etc/default/grubの内容でIPアドレスが設定されます。これは/etc/network/interfacesが読み込まれるより前。

このiSCSI接続に使用しているNICにKVM用のブリッジインターフェースも兼ねさせたいということは…考えるよね? ネットワークのコネクタ減るし。

調べた限りブリッジ設定にする場合、物理I/F(eth0とか)にはIPアドレスを設定せず、ブリッジI/Fで設定するらしい。が、今回は既に物理NICにIPアドレスが存在する。試しに物理I/F eth0→192.168.0.2、ブリッジI/F br0→192.168.0.3と設定したところ、OSは起動するもののサブネット192.168.0.0/24へはゲートウェイとしか通信できない(pingがunreachable)。

他にやってみたこと

  • /etc/default/grubに設定するI/Fをeth0からbr0に変更→ブート途中で/が見つからず停止(当然か…)
  • /etc/network/interfacesに"iface eth0:1 inet manual"と追加、これにブリッジを張る→改善せず
  • eth0とbr0のIPアドレスを同一にする→改善せず
  • br0を設定しない→KVMホストからは通信できるがVMが通信できないよね、多分

「(ブート時にブリッジが使えるよう)initramfsとか細工すればできそうだけどNIC追加した方が楽」Link ということらしいですが、なんか悔しい今日この頃。

[参考]

[2016/2/26 追記] 以下のようにサブネットを被らないようにすれば1つのポートで兼任できますが、別のサブネットが必要で常に使える方法じゃないかなぁ。

  • eth0 - 192.168.0.2/24を/etc/default/grubにて指定
  • eth0:1 - /etc/network/interfacesでiface eth0:1 inet manualと指定
  • br0 - /etc/network/interfacesでeth0:1を使ってブリッジ指定、アドレス192.168.1.2/24を割り当て

— posted by mu at 06:42 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

実サーバCentOS4をKVMにお引越し

備忘録。

実サーバー(HP ProLiant ML350 G4)のCentOS4.9をProxmox VEへお引越し。HDDイメージをddでコピーして起動。

ブート時にaacraid.koがNo such deviceとエラー
Proxmox VE 4.1で指定できるSCSI HBAはLSI Logic系でAdaptecは無しなので、当然といえば当然。
  1. CentOS 4.8 DVDをレスキューモードで起動。以下/mnt/sysimageに無事マウントされたと仮定するが、失敗したら手動でマウント。
  2. 念のためinitrd(initrd-2.6.9-101.ELsmp.img)のバックアップを作成
  3. /mnt/sysimage/etc/modprobe.confからAdaptec系ドライバを削除
  4. mkinitrd -v -f /mnt/sysimage/boot/initrd-2.6.9-101.ELsmp.img 2.6.9-101.ELsmp
  5. リブート
ブート時にルートが見つからない(mkrootdev: label / not found)となりKernel panic
  1. grub.confのroot=LABEL=/をroot=/dev/sda3としても同じ
  2. KVM指定でOSドライブをSCSIからSATAに変えても同じ
  3. OSドライブをIDEと指定することで起動するようになる。grub.confはroot=LABEL=/でいいが、/etc/fstabと/boot/grub/devices.mapはsda→hdaに書き換える
Virtio化
IDEで起動に成功していればVM上のCentOS上で変更可能。上のIDE化を飛ばして直接SCSI→Virtio化もできそうだけど、まずはIDE化してVM上で動く設定を手に入れた方が安心できる。
  1. 念のためinitrd(initrd-2.6.9-101.ELsmp.img)のバックアップを作成
  2. mkinitrdをVirtioオプションを付けて実行 mkinitrd --with virtio --with virtio_ring --with virtio_blk --with virtio_net --with virtio_pci -v -f /boot/initrd-2.6.9-101.ELsmp.img 2.6.9-101.ELsmp
  3. /boot/grub/devices.mapのhdaをvdaに変更
  4. /etc/fstabで/dev/hda?形式で指定しているならhda→vdaに変更。UUID=形式なら変更不要。
  5. リブート

[参考]

— posted by mu at 05:16 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

そんな理由で

先日の知人との会話。

知人:ノートPCを(Windows7から)Macに買い替えようと思う。
私 :ふむ、今のマシンにご不満でも?
知人:毎日シャットダウンするの面倒なんだもん。Macなら蓋閉じるだけでいいって聞いたよ。

…世の中の認識ってこんなもんらしい。多分このアドバイスした人はMacしか使ったことないのでしょうけど。こんな理由で買い替え需要があるなんて、すごいわMac(嫌味じゃなくて)。

— posted by mu at 02:50 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

DVDドライブ交換

blog20160104-DVDDrive

実家にあるHP製PC s5230jP、時折DVDドライブの蓋が開かなくなり、前面の穴に針をさして強制的に開くとしばらく問題ないのですが、何かの拍子にまた開かなくなる。自分ならだましだまし使うのですが親には酷なので、安かったLG製GH24NSC0と交換することに。

このPCもデザインのためDVDドライブの前面を外部に晒さず、筐体には別途イジェクトボタンを装備。以前別のPCで筐体のイジェクトボタンを押すと機械的にドライブ前面のイジェクトボタンを押す仕組みだったので同じかと思ってたのですが、このPCはそこまでローテクではないらしく、筐体のイジェクトスイッチには電線が繋がっている。

では筐体スイッチのOn/Offをマザーボードが検出してBIOSがSATAコマンドをDVDドライブに送るのかと思いきや、そこまでハイテクでもないらしい (-_-)

よく見ると古いドライブの背面にはSATAコネクタの他にもう一つ小さいコネクタが。てっきりアナログ音声出力だと思ってたのですが、どうやらこれが筐体のイジェクトボタンと繋がっている。この小さいコネクタを短絡するとイジェクトボタンを押したのと同じ効果になるようで、特殊仕様のドライブか…

しからばとLGドライブの蓋を開け、イジェクトボタンの信号を背面に引き出しPC筐体のイジェクトボタンと繋ぐことで回避。新年最初のネタとしては、あまりスマートな解決じゃなかったな。

— posted by mu at 11:18 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

おサイフケータイが機能しなくなった

今週辺りからSH-06Eのおサイフケータイが不調に。

  • 会社でもコンビニでもモバイルSuica・QuicPayともに端末にかざしても読み取ってくれない。
  • Nexus7にSuica Readerを入れて読み取らせてもエラーになる。普通のSuicaをかざしたら読み取れるので、Nexus7は問題なさそう。
  • 電源Off再起動、直近に入れたアプリをアンインストールしてもダメ。

修理は確定だなと思い、ふてぶてしくも回線契約してない(私はIIJ mioです)のにdocomoショップへ。修理代金を知るのが目的。1時間近く待たされた後、事前に状況聞き取りのために女性がやってくる。まぁ聞き取るだけだろうなと思いながら上記のことを話すと、結構その場でアドバイスくれて

  • おそらくこのまま修理受付に行ってもFelica不良と診断→メーカー送りで基盤交換
  • メーカー保証切れ・保守契約もないので基盤交換の最低料金は15000円+税
  • 可能性は低いと前置きしながら、SIM不良の可能性がある。docomoのSIMを挿して試せないか(このまま待てばショップで試してくれるだろうが)

SIM不良はまず発生しないと念押しされたのでそのままショップを後にしたのですが、家に別のdocomo系MVNOのSIMがあるのを思い出し、どうせ試すのタダだしと

  1. IIJ mioのSIMを挿したままモバイルSuicaの機種変更手続き
  2. 電源Off→SIM交換
  3. 電源On→モバイルSuicaでこの端末は機種変更手続き済みとエラーが出るのを確認(何らかの理由で変更手続き未完了だと再発行500円取られるし)
  4. モバイルSuicaアプリをアンインストール→再インストール
  5. モバイルSuicaアプリ起動→ログイン→初期化

で再びNexus7にかざすと、あら読み取れる。同じ作業でIIJ mioに戻すと再びエラー。低確率のことが起きてしまったらしい。端末買いなおすより安上がりなので、SIM再発行を依頼する予定。

なんにせよdocomoショップのお姉さん、GJです。

[2015/10/25] IIJにSIM交換申し込もうとしたら、今月は交換無料でラッキーと思ったのもつかの間、音声回線付SIMは毎月25日から月末まで交換不可とのこと。もう一日早く行動していれば・・・くそぅくそぅ!

[2015/11/10] 続きLink

— posted by mu at 02:25 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0390 sec.
prev
2022.1
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31